谷川の湯 あせび野

谷川の湯 あせび野」は中伊豆の湯ヶ島温泉郷にある評判の高い温泉旅館です。

その名のとおり谷川沿いにあり、谷川のせせらぎが心を癒してくれます。

全室に専用の露天風呂とテラスがついており、お部屋にも木材がふんだんに使われていて、自然に包まれた非常に落ち着いた雰囲気になっています。

「山の蔵」という部屋タイプには掘りゴタツもあります。

我家は大所帯だったんですが、2つの部屋をつなげられるコネクティングルームもあったので、大助かりでした。

谷川の湯 あせび野」では、お部屋のお風呂以外にも大浴場「世古の湯」、貸切風呂が3つ、寝湯が1つあります。大浴場は深夜1時で男女入れ替えますので、朝風呂に行けば2つのお風呂が楽しめます。貸切風呂のうちの2つ「かわせみ」「やませみ」は谷川のすぐ横に設けられていて川の流れをすぐ近くに感じられる一方、「かざはや」は3階にあって渓谷を一望できます。もちろん全て源泉かけ流しです。

部屋風呂も含めて、全てのお風呂が露天風呂もしくは半露天風呂なので、雰囲気がとてもいい反面、冬場はちょっと寒いかもしれません。但し「かざはや」だけ冬場は大きなガラス戸がしめられて内風呂になります。

貸切風呂は、フロントで予約することもできますが、各部屋にiPadが常備してあって、専用ページから予約を入れることもできます。iPadでは一部のおみやげを予約しておくこともできます。

食事は個室ダイニングでいただきます。

夕食は天城でとれた山菜や伊豆の海の鮮魚を使った手の込んだ料理ばかりで、どれも大変美味しかったです。頼んだお酒もうまかった。七福神というお酒でした。祖父が燗酒派なんですが、燗がおいしい地酒って、案外ないんですよね。

朝食は一人ひとり和食か洋食かを選択できるのも素晴らしいサービスですね。私は和食でしたが、洋食で出てきた焼き立てのパンや、ケーキ&アイスのデザートもうらやましかったです。そういう意味では2泊はしたいですね(笑)。

ちなみに、馬酔木(あせび)の花言葉は「二人で一緒に旅をしましょう」なんだそうです。何だかこの旅館にピッタリの花言葉ですね。

Copyright (C) Parkside All Rights Reserved.