伊豆一碧湖ホテル

伊豆一碧湖ホテル」は、「伊豆の瞳」と呼ばれ、与謝野鉄幹・晶子夫妻も愛した伊豆高原の一碧湖を望む丘の上に建つホテルです。春は桜、秋は紅葉と四季折々の美しい景色を楽しむことができます。一碧湖香りの美術館を併設しており、室内を含む館内にもいい香りが漂っています。また、一碧湖教会も隣接していて、ウェディングプランもあります。

全体として、かわいい洋風リゾートの感じがして、清潔感があり、女性好みの施設のような気がします。お部屋もスタンダードでも40平方メートルと広々していて、トイレとバスも別々です。もちろんどのお部屋からも四季折々表情を変える一碧湖を眺めることができます。

お風呂は、年中利用できる室内プールやジャグジーなどもある「レイクスパ」での利用となります。露天風呂やサウナもあります。温泉の泉質は、低張性中性高温泉で、リウマチ性疾患や運動機能障害にいいそうです。

周囲には高原・湖畔の散歩道がありますので、森林浴をするもよし、また、隣接する一碧湖美術館(併設の「一碧湖香りの美術館」とはまた別です)も入場料が無料になりますので、芸術を楽しむもよし、高原リゾートで様々な楽しみ方ができます。

「ガソリン代2000円分 キャッシュバックプラン」とか「14時チェックアウトプラン」等の魅力的かつユニークな宿泊プランがありますので、一度チェックしてみてください(2008月11月現在)。

Copyright (C) Parkside All Rights Reserved.