淘心庵 米屋

伊東にある隠れ家のような旅館「淘心庵 米屋」。なじみ客もあまり外に出ることは少なく、お部屋やお風呂で過ごすことが多いそうです。ですので、勢いお部屋のしつらえには力が入るそうです。全部で17室しかない客室は、それぞれ違った雰囲気が作り出されています。囲炉裏のあるお部屋、漆塗りの調度品でそろえた重厚感のあるお部屋など。

お部屋タイプは本館、離れ、別邸と3種類ありますが、全ての部屋で柔らかい木の質感をできる限り取り入れ、明かりには細工を施し、座卓は輪島塗を使用し、窓際にはすだれが優美にかけられています。

客室には全室に露天風呂がついており、いつでも源泉かけ流しの温泉を満喫できます。この他に、大浴場は「古代檜風呂」と「岩風呂」が男女時間交代制となっており、どちらにも露天風呂があります。また、竹林に囲まれた「貸切露天風呂」もあります。もっとも、最大でもお客は1日17組しかいないわけで、しかも客室に露天風呂もついているわけですから、大浴場が貸切状態ってことも充分ありえます。大浴場の前にはちょっとした涼み処があり、よく冷えた牛乳を飲むことができます。

また、「淘心庵 米屋」は料亭旅館を標榜するだけあって、料理には様々なこだわりをもっています。魚は夜中に沼津や伊東の漁港に直接足を運んで、漁船から水揚げされたばかりの魚を仕入れています。また、季節や料理に合わせた器を料理の「着物」として使用することにもこだわっていて、はるばる京都まで器を探しに出掛けることも多いそうです。

このような「米屋」こだわりのおもてなしを、一度は味わってみたいですね。最近は女性客が自分へのご褒美として「米屋」を利用することも多いそうです。

Copyright (C) Parkside All Rights Reserved.